シトルリンは1930年に日本でスイカから発見されたアミノ酸です。シトルリンはスイカをはじめウリ科の植物に多く含まれているアミノ酸であり、名前はスイカの学名Citrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)から名づけられました。日本では近年食品としての利用が可能となったばかりであるためあまり馴染みがないかもしれません。しかし欧米では1930年代から積極的に利用されており、アメリカでは主に健康食品、ヨーロッパではリンゴ酸塩の形で疲労回復のOTC(一般用)医薬品として利用されています。

ではシトルリンはどんなことに役立つのでしょうか?シトルリンは体内でアルギニンに変換され、一酸化窒素(NO)を産出します。このNOには血管の筋肉を柔らかくして拡張させ、血流を促進する働きや、血管内のコレステロールや血栓の発生を抑えるといった血管機能向上の働きなどがあります。血液のめぐりが悪いと、内臓機能の低下をはじめ、むくみや冷え、さらには動脈硬化といった症状を引き起こす可能性があります。シトルリンを摂取することによって、これらの症状が改善されることはもちろん、運動でのパフォーマンスアップや勉強時における集中力アップも期待されます。このように健やかな生活を様々なシーンでサポートでき、注目を集めている成分であることから「スーパーアミノ酸」とも言えますね。