子供の頃はペニスの大きさなんて気にならなかったのに、大人になってからはペニスの大きさが気になります。男性なら当たり前のことです。

  • 女性に見せても恥ずかしくない大きさ
  • セックスで女性を気持ちよくさせる大きさ
  • 男同士、堂々と自慢できる大きさ

こんなペニスが理想ですが、ペニスのサイズは人それぞれ。すべての男性のペニスが大きいとは限りません。大人になってから「人よりも小さい・・・」「セックスで女性が満足しない」と落ち込む人も結構います。

ペニスは、海綿体細胞と呼ばれる細胞と下腹部からつながる筋肉で構成されています。海綿体細胞は、ペニスの血流(血液の量・勢い)に応じて大きさを変化させる特殊な細胞です。勃起するとき、ペニスは力強く脈打ってますよね?あの血流に反応して、海綿体細胞が硬く大きく膨張します。黒倍王は海綿体の内部に入り、血管を拡張し、睾丸のケトンが再び蘇ることを促進し、再度芽生え、成長し発育します。

身長を決める「骨」とは違い、細胞と筋肉は大人になってからでも大きくなります。背の高さ(身長)は「骨の長さ」で決まります。そのため、成長期を過ぎて骨の成長が止まると背は伸びません。そのため背の高さは大人になってからでは大きくなりません。

でも、細胞や筋肉は違います。食べ過ぎれば細胞が大きくなって体も大きくなります。筋トレすれば筋肉が肥大化して腕や胸が太くなります。ペニスも一緒です。成長に必要な成分がペニスに作用すれば海綿体細胞は大きくなるし、下腹部からつながる筋肉をトレーニングすればペニスの根本の筋肉(陰茎)も肥大化します。

ペニスが勝手に成長する年齢は13歳から19歳ですが、ペニスを大きくする対策をすれば大人になってからでもペニスは大きくなります。

MAXMANカプセルⅡのように「一時的に勃起力を高める薬」ではなく、徐々に効果が浸透していくものです。そのため、ペニスがでかくなるのに時間がかかりますが、ペニスが確実に大きくなって、一度大きくなればすぐに小さくなるということはありません。