短小という言葉を聞いて心当たりのある男性は、まずその時点で自分のペニスについて気になっている人でしょう。男性のペニスは「第二の自分」ともいえる程の存在で、セックスをする際にはペニスの大きさや形が非常に重要です。

短小ペニスだとどうしてダメなのでしょうか。特に悪い点がなければ、気にする必要が無いはずです。

大切な恋人と愛を育むためのセックスが楽しめない短小ペニスは、想像以上にデメリットが多くあります。

「小さいけど、まあ大丈夫」とあまり深く気にしていなかった人も、この機会に短小ペニスであることで女性にどんな悪影響を与えているのか、等について知りましょう。

短小であることのデメリットとして、まず女にモテません。

男性だけでなく女性も性欲はあるのでセックスが好きな人は多いですが、セックスの時にあまりにも小さいペニスを見て、またこの人とセックスしたいと思うかは、かなり疑問です。

ペニスの大きさだけで男を判断するのは、男サイドからすれば小さい女だなと思うかもしれませんが、女サイドからすれば、おっぱいが小さいからで女を判断する男と変わりません。

ペニスも小さければ、器も小さいな、等と言われるのがオチです。次に、知り合いや友人の前で自分のペニスを晒し出しにくいでしょう。かっこいい極太のペニスであれば男としての存在感や自信があり堂々とさらけ出すことができますが、小さくて短いペニスは周りからあざ笑われます。折れないハートがあれば別ですが、コンプレックスは隠すのが人間の本能ですので、堂々とさらけ出せないのはデメリットでしょう。

他には、トイレで周囲を意識する、またはトイレがうまくできない等もあります。水着はトランクス、下着もトランクス、ブリーフはサイズが丸わかりだから履けないといったことがあり、短小であることのデメリットは多くありすぎます。

【短小のデメリット】

  1. セックスの時に挿入しても女性が感じない。
  2. 男性らしさを感じないので女性はがっかりする。
  3. セックスに満足できない女性が他の男と浮気する可能性がある。
  4. 精子が卵巣にたどり着くまでに死んでしまうので、妊娠率が下がる。
  5. 男性としての自信がなくなり、女性だけでなく銭湯などで男性に見られるのも恥ずかしくなる。
  6. 自信がないので同じ女性と2回以上セックスをする勇気がなくなり、女性関係が長続きしない。
  7. セックスが嫌いになってしまう。

短小ペニスはデメリットが多いです。
男性としての自信をなくしてセックスが嫌いになってしまうだけではありません。
相手の女性が満足できないので、他の男とセックスする可能性が出てくるのです。

他にもネット上では、短小ペニスだと妊娠できないのではないか?という女性からの相談が多数あります。
セックスの気持ちよさだけでなく、妊娠という点からも女性は不安に思うのです。

では、ペニス増大しないと医学的に不都合な理由とは?

【ペニスが小さいと疾病リスクが高い】

小さいペニスほど男性の不妊症にかかりやすいというものでした。自慰を繰り返していると本番の際に使い物にならない危険性があり、実際に短小である友人が、「気持ち良くなれない・・・」という本音を漏らしていたのです。

男性不妊症の原因には、勃起不全(ED)・性交障害・射精障害・精子減少(造精機能障害が挙げられます。EDは知名度が高いですが、勃ったからと言って女性の膣で気持ち良くなれない性交障害や、イケなくなる射精障害(遅漏とも違う)など、これらの大半の原因は、どうやらペニスが小さい事(短小)のようなのです。

【ペニスが小さいことで勃起不全となる危険性】

統計的にも、短小だと自慰行為を繰り返す割合が高く、結果として、女性との性行為に発展した場合でも、気持ち良くなれない人が多いと言われています。

この原因は、外部刺激に対してのペニスの感度にあります。

  • 短小→膣との摩擦が十分に得られない→気持ち良くない→勃起しなくなる
  • 毎日の自慰→ペニスの感覚が鈍くなる→気持ち良くない⇒勃起しなくなる

ペニスが小さくて自分に自信が持てないからと自慰ばかり繰り返していると、本番のセックスで勃たない・気持ち良くなれない・イケないので、せっかくセックスの機会があっても、相手の女性は喜びを感じません。やはり改善が必要です。

【短小の不妊症を防ぐには?】

自分に自信を持つためにも、せめて男としての機能は維持したいところ。しかしながら、情報の中には「自慰を辞める」だとか、「冷水とお湯に交互に浸けてトレーニング」だとか、荒療治ばかりで効果を疑うものばかりです。

そんな中、医療の臨床試験の結果を元に、その必要性を訴えている信用できそうな情報がありました。それは、ペニスのサイズアップ(ペニス増大)です。

様々な機能不全に陥らないためにも、本来持っているサイズに引き伸ばしてあげることで、不妊症のリスクを減らす事ができるというもの。このペニス増大ができれば、機能的・生活面、どちらにおいても不妊症のリスクが減るのです。

確かに、大きくなれば、性交障害も自然と解消されそうです。ただ、一点、サイズアップに関しての問題点がありました。

【ペニス増大は早く取り組まないといけない】

ペニス増大の必要性に気がついたら、早めに取り組んだ方が良いということ。それは、年齢とともに皮が薄くなり、伸縮性が無くなってしまうからです。

VigrxビッグRX通販|ペニス増大薬購入|早漏改善やペニス増大いざ大きくなったからと言って、皮が突っ張って痛くなったり、あかぎれを起こしたり、皮が横に裂けたりしてしまったら意味がありません。ですので、ペニス増大は出来る限り早く取り組んだ方が良いのです。

ただ、どんな取り組み方が良いのかが気になるところです。そこで、安心・安全のペニスサイズアップ方法について、色々と調べてみました。

これらの情報を利用して、どのようにサイズアップするかは人それぞれだと思いますが、将来の自分の為にもパートナーの為にも、ペニスの増大を頑張って欲しいと思います。