男にとってペニスの大きさはステータスの一つみたいなところ、ありますよね?小さいペニスはダメだという風潮が男の中には広がっています。どうにかしてこの短小ペニスを大きく出来ないものかと悩んでいる貴方のために!今回は大人になってもペニスが大きくなる理由原因をご紹介します!

ペニスが小さい男性にとって「自分のペニスを大きくしたい!なら、VigRXペニス増大カプセルを試してみてください」という願望は誰でもあると思います。ペニスが小さすぎてセックスがまともにできない人はもちろん、セックスはできても、もっと大きくて男らしいペニスでガンガン女性を攻めたい!という人は多いです。

まず初めになんですが、自分は小さい、短小なんだと悩んでいる方、落ち着いて勃起した時のペニスを見てみてください。本当に短小ですか?まず日本人は世界的に見てもペニスは小さい部類です。平均すると勃起時13.5cmなんだとか。

もし10cmあって短小だと嘆いているのなら…安心してください。医学的に見ても通常サイズです。

比較的日本人等のアジア人は、欧米諸国の男性のペニスと比べて、短小が多いと言われていますが本当はどうなのでしょうか。このペニスの長さを調べた企業、機関などはたくさんあり、しかもその数値は測った年によってかなり数字が違っていることもしばしば。しかし、基本的に信頼できる機関による測定では、勃起時の日本人のペニスは平均13cmほどなのだそうです。最下位は韓国の9.4cm、そしてトップはフランスの16.7cmという結果が出ています。

この数値だけを見ると、日本人って意外と勃起時のペニスが大きいんじゃん、普通じゃん、短小じゃないんじゃないの?と思うかもしれませんが、世界の中で勃起時の平均は15.6cmと、世界的な平均から見ると日本人は短小が多く、劣っているといっても過言ではありません。

日本のAV業界では「黒人のデカチンでマンコぶっ壊し」、などのタイトルが良く売れるのも、日本人のデカチンへの願望の表れがあるのかもしれません。ちなみに、民間企業が行った調査では、日本人の勃起時の平均は11cmほどだという結果が出ていることがありますが、こんなのあり得ないですよね(笑)!平均が11cmなら日本人のAV男優は全く見ごたえのないものになってしまいます。やはり勃起時平均は13cmというのが信憑性がありそうです。

なぜ、大人になってもペニスが大きくなるのか?そこを理解しないと、ペニスを大きくするための本気度が入らないですよね。

ペニスが「海綿体細胞」と呼ばれる細胞でできているのは知ってるかと思います。正確にいうと、ペニスは海綿体細胞と下腹部からつながる筋肉でできています。勃起したときに力強く反り返るように勃起するのは、下腹部からの筋肉の力です。腕や足のようにペニスには「骨」はありません。

背の高さ(身長)や体の大きさを決めるのは骨です。生まれてから思春期を過ぎるころまで、足や体の骨が伸びることによって背が大きくなり体も大きくなっていきます。男性の場合は骨が太くなって「がっしりした男らしい体つき」になっていきます。

ただし、骨は思春期を過ぎて成長が止まると、そこから一生伸びません。そのため、背の高さも成長期が過ぎて止まると、そこから伸びることはありません。一方、ペニスは違います。なぜなら、ペニスは細胞と筋肉でできているからです。

  • 食べ物を食べ過ぎれば、細胞が大きくなって体が太っていきますよね?
  • 筋トレをすれば、筋肉が肥大して腕や体が大きくなっていきますよね?

ペニスも同じです。ペニスも細胞と筋肉でできているので、VIMAXペニス増大丸は細胞の成長に必要な成分が与えられて、ペニスの筋肉を鍛えるトレーニングをしてあげれば、ペニスも体のように大きくなるんです!

ここを理解しないで「大人になったからペニスは大きくならないよ」と諦めている人が多い。実にもったいないことです。