女性性機能障害(FSD)は,第2回国際性医学国際会議により「性的興奮障害」,「オルガズム障害」,「性交疼痛障害」,「性嫌悪障害」に分類されており,その中でもワギニスムスと性交疼痛障害(以下性交痛)は苦痛が大きく,受診動機となりやすい。また,性機能障害は男性に比較し有意に女性に多く,性交痛は男性の4倍以上であることが報告されている。

性的興奮障害

男性であれば性的興奮によって勃起するように、女性であれば膣が濡れてくることはよく知られています。しかし、性的興奮を感じないため膣が濡れず、性交時に痛みが発生してしまう状態です。
興奮や快感もないので小陰唇の充血なども伴わず、オーガニズムも起こりません。

オルガズム障害

これまでオーガニズムを感じたことがない、またはマスターベーションでは感じられてもセックスでは感じられないという状態です。

性交疼痛障害

性交痛障害には膣痙と性交疼痛症があり、前者は膣が収縮することでペニスが挿入できない状態を指し、後者は膣痙ではないけれども強い痛みを感じてペニスだけではなく指の挿入も難しい状態です。

性嫌悪障害

性欲がありマスターベーションはできても、性交は嫌という状態です。
意外かもしれませんが、仲が良いカップルに多く見受けられます。

縮陰膏 女性の性興奮を強めて、陰道を清潔にすると同時に収縮させる潤滑剤999神油女性用 性欲を迅速に激発して、数回の性 の高潮を得るスプレー蒼蝿水(FLY D5原液) 女性機能を蘇らせ衰退した性的欲求を復活させる媚薬!【女性用媚薬】女性用人気媚薬・女性興奮剤|性機能障害改善|性冷感 潤い不足解消