【短小ペニスになる原因は大きく分けて3つ】

短小ペニスになってしまう原因は「遺伝」「肥満」「包茎」の3つが考えられます。

・遺伝が原因

身長や顔の形、女性なら胸の大きさなどと同様にペニスのサイズも遺伝によって左右されてしまいます。
しかし、可能性が高まるだけで必ずしも親と一致するわけではありません。
遺伝が原因で短小だとしても、増大することが可能なので諦めないでください。

・肥満が原因

肥満体型でお腹が出ていると、脂肪にペニスが埋もれてしまい短小になります。
この場合は本来露出している部分が脂肪で隠れているだけなので、ダイエットが最適な改善方法です。
包茎や遺伝などで複合的に短小の場合は、更に手術やサプリで増大をさせます。

・包茎が原因

通常、成長期にペニスの皮が向けて亀頭や竿も大きく成長していきます。
しかし、包茎だとペニスが皮に覆われたままなので、成長を妨げてしまいます。
こうして成長する過程で短小ペニスになってしまうのです。
皮を剥いて亀頭を露出できる仮性包茎であれば、手軽にペニスを増大させる方法があります。
亀頭の露出が難しい真性包茎・カントン包茎の場合はまず包茎手術が必要です。

男性にとって深刻な悩み「包茎」ひと言で包茎と言っても、性行為に障害のある包茎から、実生活では特に問題のない包茎までさまざまです。でも、男性にとって一番恥ずかしいのは特に問題のない包茎。いわゆる「仮性包茎」というやつです。実生活では問題ないとは言っても、ペニスや亀頭が小さくなる原因でもあるし、皮がかぶっている部分は不衛生になりがちです。そして何より「男として負けた気分」になります。銭湯など裸になる機会でも堂々とペニスをさらけ出すことができません。

ただ、そんな包茎も自分で治すことができるケースがあります。短小ペニスになってしまう原因と、増大させる簡単な方法を理解して自慢できるペニスを手に入れましょう!

まず、短小包茎を自分で治すには「ちんこを大きくする」「包茎を治す」このふたつを改善していく必要があります。上の項でも説明しましたが、チンコが小さい人の場合、ほとんど皮が余るため仮性包茎になる可能性が多いです。そのため、「ちんこを大きくする」この点については、「亀頭を太くする」「ペニス全体を長くする」この2点を考えてトレーニングをします。

なぜ、上の2点なのかといえば、亀頭が太くなれば、皮が引っかかるようになるため、勃起していない時でも、向けた状態が維持できるため、ますます亀頭が太くなるわけです。 ペニスが長くなれば、皮が余らない状態となるため徐々に仮性包茎が改善されていくわけです。

ペニスを増大させるにはまず普段から食べる物に注意するべきです。遺伝の場合はペニスを増大させる成分が含まれる食材を食べるようにします。その成分とは亜鉛です。精力を増強させ血流も良くしてくれます。この亜鉛が豊富に含まれる食材はズバリ牡蠣です。

VigRXペニス増大カプセル

VigRXペニス増大カプセル
ペニスのサイズアップ促してEDや早漏を解消する精力剤

ペニス増大:★★★★★
早漏解消   :★★★★★
精力増強   :★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆

詳しくはこちら

亜鉛の他、タンパク質・ビタミン・ミネラルも豊富で男性ホルモンの分泌を促しペニスを増大させます。普段から牡蠣を食べるようにすると、3ヶ月もすればペニスが大きく変化しているでしょう。

肥満の場合はダイエットのために、バナナ・豆腐・鶏胸肉・サラダをメインに食べるようにします。これらの食材は低カロリーながら栄養価が高く、ダイエットには欠かせません。

いわゆるチントレといわれるペニスマッサージです。ペニスを大きくするには海綿体に集まる血液を増やさなければなりません。そのため、血流を改善するマッサージは原因に関わらず取り入れるといいでしょう。

ミルキングというマッサージ方法を紹介します。

  • ペニスを最大まで勃起させます
  • ペニスの付け根を握ります
  • 牛の乳搾りをするように、亀頭から血液を絞り出す感覚で手を動かします

このミルキングを1日5分間続けるようにしてください。誰でも手軽にできるので是非取り入れてください。

筋肉をつけると男性ホルモンの分泌が増え精力が増してペニスを増大させやすくなります。下半身の筋肉をつけることでペニスへの血流が良くなる効果もあります。また、脂肪を燃焼させますので肥満体型の人にも有効です。

おすすめのトレーニングはスクワットです。

  1. 足を肩幅に開き腕を正面にまっすぐ伸ばします。
  2. 5秒ほどかけて、太ももが床と水平になるまで腰を落とします。
  3. 空気椅子の状態になっているので、このまま3秒キープします。
  4. 5秒かけて立ち上がり、元の状態に戻します。
  5. 10回繰り返したら1分間休みます

上記の1~5を1日3セット繰り返してください。
筋肉を休ませ成長を促すためには休日が必要なので、毎日続ける必要はありません。
トレーニングしたら次の日は休むようにすると、怪我の心配もなくなります。